ドラッグストアがお届けするつらい花粉症は目にもきます。効果的な目薬についての解説サイト

つらい花粉症は目にもきます。効果的な目薬についての解説サイト

I型アレルギーに分類される疾患の一つ。植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことです。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

・抗アレルギー薬(遊離抑制薬)インタール、リザベン、アレギサール、ペミラストン、など
抗アレルギー薬が配合される目薬。目のアレルギー症状(かゆみ、充血、涙)を予防、軽減する。花粉が飛びだす少し前から点眼をはじめると効果的。
・抗アレルギー薬(第2世代抗ヒ薬)ザジテン、リボスチン、パタノール
アレルギー症状にかかわるヒスタミンを強くおさえるのが特徴。比較的速効性があるので、必ずしも予防的に事前使用する必要はない。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

・ステロイド薬 フルメトロン、リンデロン、ピトスなど
ステロイド薬が配合される目薬。優れた効果があるが、安易な長期使用は好ましくない。効果と副作用のバランスが考慮され、専門医により慎重に処方される。春季カタルなどで症状が激しいときや、角膜の障害で視力障害のおそれのあるような場合に用いる。
免疫抑制薬 パピロックミニ、タリムス
免疫抑制薬を有効成分とする。特に症状が重く、一般的な抗アレルギー薬が効果不十分な春季カタルに適用する。
・ 抗炎症薬 AZ点眼液、ムコゾーム点眼液など
目の炎症をしずめる点眼薬。強い薬理作用はなく、軽い症状に適している。

 

薬剤師国家試験