ドラッグストアがお届けする緑内障の治療薬についての情報サイト

緑内障の治療薬についての情報サイト

特徴的な視神経の変化と特徴的な視野異常(視野欠損)を呈する進行性の病気。かつては眼の中の圧力である眼圧が高いことが原因と考えられていたが、眼圧が正常範囲であっても緑内障に罹患している患者が多いことが確認され、視神経乳頭の脆弱性が緑内障の原因として考えられている。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

・交感神経遮断薬
交感神経の受容体に対して、遮断(抑制)的に作用する。房水の産生を抑制することで眼圧を低下させる。なおこの系統の薬は、その作用する機序により、喘息の誘発・悪化や心臓病の悪化などの副作用が起こることがあるので、その危険がある人には禁忌です。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

・交感神経刺激薬
エピネフリン(アドレナリン)は交感神経を刺激し、房水の産生抑制と房水の排出促進の作用によって眼圧を低下させる。
・副交感神経刺激薬
ピロカルピンは、副交感神経を刺激することによって、房水の排出を促進させ眼圧を低下させる。また、瞳を閉じる作用もある。
・プロスタグランジン関連薬
プロスタグランジンは、これ自体で眼圧を低下させますが(とくにキサラタン)、交感神経遮断薬と併用するとさらに効果的。
・炭酸脱水酵素阻害薬
毛様体(房水を作るところ)にある炭酸脱水酵素を阻害して、房水産生を抑えて眼圧を下げる薬。以前は飲み薬しかなく、腎臓・尿道結石などの副作用が問題でしたが、現在はそのような副作用の心配がほとんどない点眼薬も市販されている。

 

薬剤師 就職