ドラッグストアがお届けする白内障の治療薬についての情報サイト

白内障の治療薬についての情報サイト

白内障は水晶体が灰白色や茶褐色ににごってくる病気です。物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる。以前は「白底翳」(しろそこひ)と呼ばれていた。水晶体を構成する蛋白質であるクリスタリンが会合することで変性し、黄白色または白色に濁ることにより発症するが、根本的な原因は解明されていない。水晶体の細胞同士の接着力が弱まったり、水分の通りが悪くなったりして起こるのではないかといわれている。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

発症は45歳以上の中年に多く、年齢を重ねるにつれて割合が増加するといわれている。

 

・ピノレキシン(カタリン、カリーユニ)
どちらもピノレキシンを有効成分とする目薬。水晶体を曇らせる蛋白変性をおさえて、白内障の進行を遅らせる作用がある。初期の白内障で、まだ視力が保たれている場合に用いる。カタリンは、溶解後、冷蔵庫に保存し3週間以内に使用する。長期に使用しても副作用はない。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

・グルタチオン(タチオン、ノイチオン、チオグルタン)
不溶性蛋白ができるのを抑え、水晶体の透明性を保つ作用がある。白内障の発症を防ぎ、進行を遅らせる効果が期待できるとされている。溶解後は冷蔵庫に保存し、4週間以内に使用する。
・その他の内用薬(パロチン、チオラ、キネダック、八味地黄丸)
白内障に用いる飲み薬。進行抑制効果が期待される。キネダックは、糖尿病性白内障に有効とされる。

 

薬剤師 就職