ドラッグストアがお届けする目は大切です。炎症を我慢せずにお医者さん相談しましょう!

炎症を我慢せずにお医者さんへ!

角膜炎とは、細菌やウイルス、外傷、アレルギー反応、ドライアイなどにより角膜に炎症が起きるものです

 

・人工涙液(マイティア、ソフトサンティアなど)
涙が足りないと、目の表面が荒れて角膜炎を起こしやすくなります。このような場合に、人工涙液で補うようにする。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

・ヒアルロン酸(ヒアレイン、ヒアレインミニ、アイケア)
角膜の荒れを治す目薬。涙液を安定化させ乾燥を防ぐ作用もある。ドライアイなどで、角膜が傷ついているときに用いる。傷がひどいときなどは、防腐剤の入っていない一回使い捨てタイプの点眼薬が使われることが多いです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

・コンドロイチン(コンドロン、ムコファジン)
角膜を保護するほか、目の乾燥を防ぐ作用もある。ムコファジンには、ビタミンB2も配合されている。
・ビタミンB2(フラビタン、FADサンテン、ビタスト)
ビタミンB2は角膜を正常に保つ働きをする。不足がひどくなると角膜炎を起こす。点眼液のほか眼軟膏もある。
・抗菌薬(タリビッド、クラビット、ベストロン、エコリシンなど)
角膜に細菌が感染しているときに用いる目薬。
・ステロイド薬(フルメトロン、ピトス、リンデロンなど)
炎症をおさえる優れた作用があります。長期使用時は副作用がでやすい。
・ 抗炎症薬(ニフラン、ブロナック、ムコゾームなど)
角膜の炎症をしずめる目薬。ステロイドのような副作用はない。

 

 

 

 

薬剤師 転職