ドラッグストアがお届けする副作用について

副作用について

点眼液のほか眼軟膏もある。副作用はほとんどありませんが、薬が合わないと、かえってカユミや充血がひどくなることがある。

 

抗生物質にアレルギーのある人は、医師に報告しておくほうが、よいでしょう。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

・抗アレルギー薬(インタール、ザジテン、リザベン、アレギサール、ペミラストン、エリックス、ケタス、アイビナール、など)
アレルギー性の結膜炎には、抗アレルギー薬の点眼薬を用いる。

 

よい効果がでるまでには、少し時間がかかります。花粉症には、早めに開始するのがポイントです。
・ステロイド薬(フルメトロン、ピトス、リンデロンなど)
症状の強い場合には、ステロイド点眼薬が使われる。

 

炎症をおさえる優れた効果があるが、長期使用時は副作用に注意が必要。効果とのバランスが考慮されて処方されることが多いです。
・ 抗炎症薬(ニフラン、ブロナック、AZなど)
目の炎症をしずめる目薬。ステロイドのような副作用はない。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸