ドラッグストアがお届けする目を酷使しすぎた後は、しっかりケアしましょう

目のケアについて

目薬をさすときには、不潔にならないように、手を洗い、目薬の先が目のふちやまつげに触れないように十分注意しましょう。

 

・調節機能改善薬「ミオピン、ミドリンM」
目の調節機能をよくする目薬。読書やデスクワーク、パソコンなど近業作業のあとの目の疲労を改善する。

 

ミオピンは1日数回点眼する。散瞳薬のミドリンMは、ふつう、寝る前に点眼する。仮性近視の治療にも用いられます。
・ビタミン剤「サンコバ、フラビタン」

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

よく使われているビタミン剤の目薬。サンコバの有効成分はビタミンB12で、目の調節機能を改善する。フラビタンはフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)というビタミンB2の仲間で、目の粘膜の働きをよくする。

 

・ 人工涙液「マイティア、ソフトサンティアなど」
涙が減ると、目が疲れやすくなるので、人工涙液でおぎなうようにしましょう。

 

薬剤師 就職