ドラッグストアがお届けする目薬の歴史についての解説とその良い使い方

目薬の歴史についての解説とその良い使い方

古代エジプト時代、人間が目脂に虫が付かないように目に薬を塗っていたのが始まりと言われています。

 

日本では明治時代、田口參天堂(現・参天製薬)が1899年に点眼方式の目薬を初めて開発し「大學目藥」として発売。当初は綿棒に薬液を染み込ませ、垂らして点眼していたが後に瓶入りの薬液をスポイトで吸い取り点眼する方法となる。1931年、信天堂山田安民薬房(現・ロート製薬)が両口式点眼瓶を発明。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

瓶の上部にゴム製のピストンを取り付け、目に適量を垂らすことが可能になる。1962年、参天製薬が従来のガラス瓶に代わりプラスチック瓶を採用した「スーパーサンテ」を発売。壊れにくく柔軟性があるプラスチックの採用により持ち運びが容易になると共に、容器自体を指でへこませて適量を点眼することが可能となりました。

 

現在の一般的な目薬は点眼口が容器の上にあるが、田辺製薬(現・田辺三菱製薬)が容器の横に点眼口のあるサイドドロップ容器を開発、2001年度グッドデザイン賞を受賞した。先端恐怖症で点眼が苦手な人でも簡単に点眼することができる。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

点眼の際には、薬液の汚染を防ぐため、容器の先端がまぶたやまつ毛に触れないように注意する。点眼した後、目をパチパチ瞬かせる人が多いが、これを行うとせっかくの目薬の成分が浸透せず、涙と一緒に流れ出てしまう。点眼後は、目頭を押さえながら1〜2分待つと着実に効果が得られます。

 

薬剤師 就職