目薬に関してのお役立ち情報満載サイト

目薬に関しての情報サイト

点眼薬ともいいます。

眼病の予防・診断・治療に用いる薬剤。目に点滴する液剤と,眼軟膏があります。

液剤は抗生物質,サルファ剤,ビタミン,収斂(しゅうれん)剤等の水溶液や油液などで,粘膜を刺激しないようにpH,浸透圧,成分の配合などが、工夫されています。 目の乾燥、炎症を抑えるためや、目脂・目のかゆみ解消に使われる。

また、単に目をすっきりさせる、点し心地の清涼感を求めることにも使われています。動詞として、「目薬を差す(点す)」と使われています。

目薬は、刺激を抑えるため涙とほぼ同pHで、浸透圧に調整されています。また、無菌的に製造され、一回使い切りのものを除き無菌性を保つため、ほとんどの製品は防腐剤が加えられています。開栓後は早めに使い切った方がよいとされています。

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

目薬の歴史と使い方

古代エジプト時代、人間が目脂に虫が付かないように目に薬を塗っていたのが始まりと言われています。

 

日本では明治時代、田口參天堂(現・参天製薬)が1899年に点眼方式の目薬を初めて開発し「大學目藥」として発売。当初は綿棒に薬液を染み込ませ、垂らして点眼していたが後に瓶入りの薬液をスポイトで吸い取り点眼する方法となる。1931年、信天堂山田安民薬房(現・ロート製薬)が両口式点眼瓶を発明。瓶の上部にゴム製のピストンを取り付け、目に適量を垂らすことが可能になる。1962年、参天製薬が従来のガラス瓶に代わりプラスチック瓶を採用した「スーパーサンテ」を発売。壊れにくく柔軟性があるプラスチックの採用により持ち運びが容易になると共に、容器自体を指でへこませて適量を点眼することが可能となりました。

 

現在の一般的な目薬は点眼口が容器の上にあるが、田辺製薬(現・田辺三菱製薬)が容器の横に点眼口のあるサイドドロップ容器を開発、2001年度グッドデザイン賞を受賞した。先端恐怖症で点眼が苦手な人でも簡単に点眼することができます。

 

点眼の際には、薬液の汚染を防ぐため、容器の先端がまぶたやまつ毛に触れないように注意する。点眼した後、目をパチパチ瞬かせる人が多いが、これを行うとせっかくの目薬の成分が浸透せず、涙と一緒に流れ出てしまう。点眼後は、目頭を押さえながら1〜2分待つと着実に効果が得られます。

 

ドライアイの薬

・人工涙液の点眼
涙液の補充として防腐剤無添加の人工涙液の頻回点眼が有効。人工涙液は1日5回位の点眼では効果は少なく、最低1日10回以上が効果的です。使い捨てタイプの人工涙液が最もよいといわれていますが、コストパフォーマンスで劣ります。
・ヒアルロン酸の点眼
ヒアルロン酸は、水分を保つ作用と角膜上皮修復作用があり、3時間まで角膜上の涙液を保つ作用がある。 通常は防腐剤添加のものを使用するが、防腐剤にて障害を生じやすい体質の人には防腐剤の種類(塩化ベンザルコニウムとグルコンサンクロルヘキシジンが主なもの)の変更や、防腐剤無添加のヒアルロン酸の点眼を使用します。
ヒアルロン酸の主なものには、ヒアレイン点眼薬(防腐剤:塩化ベンザルコニウム)、テイアバランス点眼薬(防腐剤:グルコンサンクロルヘキシジン)があります。
・人工涙液とヒアルロン酸点眼薬の併用は有効
人工涙液のみでは水分を保つ作用が少ないため、ヒアルロン酸との併用が有効です。人工涙液で涙を補充し、それを保つためにヒアルロン酸を点眼する。人工涙液を点眼し、1分間したらヒアルロン酸を点眼する方法がよい。ヒアルロン酸のみでは周囲の水分を吸収するために、ドライアイでは併用が有効です。